世界の人々にチャンスを、『人々に投資』するオイコクレジット

出資について

オイコクレジット・ジャパンへの出資について

1.  オイコクレジット・ジャパンへの皆様からのご出資金は、まとめて原則年に2回、オイコクレジット・ジャパンからの投資金としてオランダのオイコクレジット(以下Oikocredit)に米ドルで送金し、Oikocreditの株を購入します。Oikocreditに世界各国の支援組織から集められた資金は、マイクロファイナンスや協同組合などの社会的事業に投資されます。

2.  各組合員の出資金は個別に記録・管理されますが、出資金によって購入したOikocredit株はオイコクレジット・ジャパンの共有資産として管理され、各個人がOikocredit株を所有しているわけではありません。しかし、オイコクレジット・ジャパンが保有するOikocredit株に対する各組合員の出資比率を、年に二回の送金後に各組合員に報告します。

3.  Oikocreditの配当金は、毎年6月に行われるOikocredit年次総会で決まり、オイコクレジット・ジャパンに送られてきます。しかし、オイコクレジット・ジャパンは、日本の金融商品取引法の制約により、この配当を出資者に還元できません。現在は、この配当をオイコクレジット・ジャパンの運営や啓蒙活動などの費用に充当しています。

4.  Oikocreditは協同組合としての性格上、その株が株式市場で売買されておらず一株200ドルに固定されていることや、堅実な運営によって1975年以後配当を欠いたことはなく、安定性は高いとは言えますが、リスクがないとは言えません。そして、Oikocredit株で保有されているオイコクレジット・ジャパンの資産は、Oikocreditの事業の成否と為替レートに左右されます。したがって、ご出資金の元本を保証することはできません。

5.出資金の払い戻し(償還)は、出資して2年経過した後に申請できますが、返金の手続きはオランダ本部で行うため、金額の大きさによっては申し込み受付から返金まで2ヶ月以上を要することがあります。償還額はオイコクレジット・ジャパンへの出資比率に対応したOikocredit株数の円換算値で返金され、その時点での為替レートによっては元の金額より少なくなることがあります。また、金融商品取引法の制約により、出資金の全額を限度額とし、出資金を超える払い戻しはできません。

6.  住所や名前の変更については、各組合員が責任を持って事務局に連絡してください。2年間音信が途絶えた場合、その後1年の調査期間を経て、組合員資格の抹消作業と出資金の所有権をオイコクレジット・ジャパンに移行することをご了承ください。

 

出資は1口1万円『単位』から、何口でも受け付けています。出資いただく期間は、最低2年以上です。

「参加の方法1 出資する」へ戻る

お問い合わせはこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © オイコクレジット・ジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.